弁護士に自己破産の法律相談を受けた後の生活について

消費者金融から借り入れを行って、返済が困難な状況になったときには弁護士の法律相談を受けることで、債務整理の方法で解決できる場合があります。

多重債務者が行う債務整理の方法としては、自己破産を行うことが多くなりますが、弁護士に法律相談をして自己破産を行ったときには、その後の生活はどうなるのか気になる点ではないでしょうか。自己破産は裁判所に申し立てをする手続きとなりますので、個人でできないことはありませんが、法律の知識を持っていなければ手続きをスムーズに進めることが難しいことが考えられます。
専門家として弁護士に依頼することによって、申し立てをしてから免責が認められるまでにかかる期間は、4か月から5か月ほどとなります。

弁護士の法律相談を受けて正式に依頼をすれば、消費者金融からの催促の電話や訪問を止める効果がありますので、借金を抱えている人としては精神的なプレッシャーから解放されるメリットが得られます。
自己破産をすることで、手持ちの財産の多くを処分しなければならなくなります。

住宅や自動車などのような、価値が20万円を超える財産を処分することを考えると、資産を持っている人の場合には別の債務整理を行ったほうが良いケースもあります。自己破産をしてから10年間ほどは、信用情報機関にブラックリストとして登録されますので、新規の借り入れができなくなることもしっかりと把握しておいたほうが良いです。

自己破産の手続きを行うことによって、その後の人生にどのような影響があるのかについて、把握してから弁護士に法律相談を受けることがおすすめです。

















関連リンク

弁護士に自己破産の法律相談を受けた後の生活について

消費者金融から借り入れを行って、返済が困難な状況になったときには弁護士の法律相談を受けることで、債務整理の方法で解決できる場合があります。多重債務者が行う債務整理の方法としては、自己破産を行うことが多くなりますが、弁護士に法律相談をして自己破産を行ったときには、その後の生活はどうなるのか気になる点ではないでしょうか。...

more

一戸建てのセキュリティを強化する考え方

一戸建てで生活をしていく時に必ず考えておく必要があるのが、セキュリティに関することです。一戸建てと言うのは住空間がマンションのように隣戸に挟まれたりしていない分、侵入経路がたくさんある造りになっていると言えます。...

more
top