一戸建て住宅をリフォームする場合の注意点

新築一戸建てで家を買っても20年も経過すれば、建物のあらゆる部分が壊れたり劣化してきます。洗濯機や給湯器のようにすぐに交換できるものであればそのまま交換をすれば良いですが、外壁や屋根、間取りの変更等がリフォームと言う形でしか実現することができません。

一戸建て住宅をリフォームするのは一般的に行われていることですが、闇雲にリフォームをすると失敗することがあります。

一戸建て住宅のリフォームは平均で400万円から500万円ほどの出費ですので失敗は必ず避けたいところです。


では、どのような点に注意をしたらよいでしょうか。注意点はほぼ業者選びに凝縮されます。質の良い業者にリフォームを頼めば良いですが今回初めてリフォームする場合にはどの業者が良い業者なのか悪い業者なのかが分かりにくいのではないでしょうか。

そこでポイントを2つ覚えておきましょう。
まず、訪問営業をするような業者はできるだけ避けるべきです。


現代において訪問営業する業者は従来的なやり方を続けているか、あるいは悪質な業者であるかのどちらかです。

通常の業者であれば訪問営業せずとも口コミやホームページの閲覧によって集客することが可能になるのです。
ですが、訪問営業までしなくてはならないという事はそれほど評判が良くない会社である可能性も高いのです。
もう一つは見積もりの出し方です。見積もりを出すときに細かい記述を省いていい加減な内容で提出する業者がありますが、大抵リフォームもいい加減なことが多いです。

















関連リンク

一戸建てのセキュリティを強化する考え方

一戸建てで生活をしていく時に必ず考えておく必要があるのが、セキュリティに関することです。一戸建てと言うのは住空間がマンションのように隣戸に挟まれたりしていない分、侵入経路がたくさんある造りになっていると言えます。...

more

弁護士に自己破産の法律相談を受けた後の生活について

消費者金融から借り入れを行って、返済が困難な状況になったときには弁護士の法律相談を受けることで、債務整理の方法で解決できる場合があります。多重債務者が行う債務整理の方法としては、自己破産を行うことが多くなりますが、弁護士に法律相談をして自己破産を行ったときには、その後の生活はどうなるのか気になる点ではないでしょうか。...

more
top